大阪市内にある「山の手」上町台地ステキ探訪

大阪・上方の文化発祥の地である上町台地は、神話の時代から続く2000年の歴史と高層ビル・高層マンションが立ち並ぶ近代的な景観が複合した、全国でも稀に見る都心居住地です。

作家織田作之助が「木の都」と称したように、大阪市内において多くの緑が残り街中には公園も多くあって、生國魂神社から南にかけて下寺町を通り、天王寺公園へは緑地がベルト状に分布。上町台地は、まさに都心のオアシス・エコタウンといえます。

緑豊かな土壌は教育の芽を育て、台地上の府立高等学校はそれぞれが進学高として知られています。私学でも文武両道で全国に名を馳せる学校、また伝統ある学校がほかにも数多く存在します。

また、上町台地には総合病院をはじめ、地域医療を支える開業医が数多くあり、市民の健康維持に努めています。歴史と文化のまちは、新たに健康面からもその存在を高めているのです。

現在、上町台地では四季折々にさまざまなアートイベントが開催され、寺社やギャラリーなどで芸術作品が発表されています。その中心である大阪市立美術館、大阪歴史博物館・大阪城天守閣など文化施設も充実しており、いくつもあるまちの顔のうち、芸術の都としての側面も忘れてはいけません。

大阪市内にある「山の手」上町台地ステキ探訪

大阪市内唯一の高台、上町台地

上町台地は、市内唯一の高台として南北にわたります。

北から歩く上町台地

上町台地の北、法円坂から四天王寺までを歴史とともに歩きます。

2000年の時の流れを現在に伝える大阪・上町台地。

大阪市内にある「山の手」上町台地ステキ探訪大阪市内唯一の高台、上町台地北から歩く上町台地サイトマップ